専攻長挨拶

Welcome

情報基礎数学専攻へようこそ。

 情報基礎数学専攻では最先端の数学を深化させ、それを基礎として情報科学をはじめとした科学の新しい分野を切り拓く研究を行なっています。また、最新のコンピュータ・テクノロジーを駆使して数学に新しい流れをもたらすことを目指して研究を進めています。

  情報基礎数学専攻は
  ● 組合せ数学講座
  ● 離散幾何学講座
  ● 離散構造学講座
  ● 応用解析学講座
  ● 大規模数理学講座
  ● コンピュータ実験数学講座(協力講座)
から構成されますが、開放的な雰囲気の中、これらの講座が連携して研究や教育に取り組んでいます。教授定員6名、准教授定員6名、博士前期課程定員が各学年12名、博士後期課程定員が各学年5名の小さい専攻ですが、それだけに学生と教員の距離が小さく、充実した研究指導を受けることができます。

  広々としたキャンパスの中、情報科学研究科の敷地内にはコンビニやカフェテリアも併設されており、快適な環境で教員も学生ものびのびと研究生活を送っています。

 情報基礎数学専攻は、2002年に情報科学研究科が発足したとき理学研究科数学専攻を母体として設立されました。以来、理学研究科数学専攻とは研究、教育において密接な協力関係を保っています。当専攻で取得する学位は、「情報科学」か「理学」を自由に選べるようになっています。

 専攻の修了生は、大学等の研究機関における研究者をはじめ、IT、製造業、金融、保険、教育など幅広い分野で活躍しています。

皆さんと一緒に研究することができる日々を心より楽しみにしています。

大阪大学大学院情報科学研究科
情報基礎数学専攻長
和田昌昭

情報基礎数学専攻 専攻長 和田昌昭

ページのトップへ戻る