専攻長挨拶

Welcome

情報基礎数学専攻へようこそ。

情報基礎数学専攻は2002年4月に情報科学研究科とともに発足した専攻であり、理学研究科数学専攻との協力関係にあります。数学は情報科学を支える重要な基礎のひとつであり、その手法は情報科学の発展の中で大きな役割を果たしてきました。他方、情報科学の発展は数学に新しい流れをもたらしました。この流れの中で、情報基礎数学専攻はより広い視野で数学を教育・研究・応用できる人材の養成を目指します。

本専攻は、組合せ数学講座・離散幾何学講座・離散構造学講座・応用解析学講座・大規模数理学講座・コンピュータ実験数学講座(協力講座)の6講座から構成され、合わせて教授6名、准教授6名、博士前期課程は学生定員12名、博士後期課程は5名です。これらの講座が有機的に連携しつつ、数学の発展に向けて励んでいます。学生は、理学研究科数学専攻の講義も聴講して単位を修得でき、学位は理学か情報科学かを選べます。卒業後は、金融、保険、IT、製造業、教育など幅広い分野で活躍しています。

小さい専攻ですが、それだけに学生と教員の距離が小さく、充実した研究指導を受けることができます。皆さんと新しい環境の中で、ともに学び、ともに研究することができる日々を心より楽しみにしています。

大阪大学大学院情報科学研究科
情報基礎数学専攻
専攻長 中西賢次

情報基礎数学専攻 専攻長 中西賢次

 

ページのトップへ戻る